大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

十王

仏様タグ
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
スポンサーリンク
般若心経 完全版
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い
https://amzn.to/3Rwo2mS

意味

十王じゅうおうとは冥土(冥途)で亡者の罪を判断する10体の司法官。

ふつう、閻魔王がすべて裁くといわれますが、十王説と閻魔説があるわけです。

スポンサーリンク

メンバー

  1. 秦広王
  2. 初江王
  3. 宋帝王
  4. 五官王
  5. 閻魔王
  6. 変成王
  7. 太山王(太山府君
  8. 平等王
  9. 都市王
  10. 五道転輪王

キャリア

服装をみると、インドではなく中国六朝時代か唐末五代の成立のようです。

登場する文献

日本でも平安時代末期から流行し、偽経「地蔵菩薩発心因縁十王経」(十王経)には各王に本地仏を当ててます。

鎌倉時代以降、①日蓮の「十王讃嘆鈔」、②存覚(浄土真宗)の「浄土見聞集」、③空海の偽著「弘法大師逆修日記事」は十三仏との関連を説いています。

十王と十三仏との関連

括弧内は逆修日の月日。

  1. 秦広王(秦皇王)…初七日不動明王(正・16)
  2. 初江王…二七日、釈迦如来(2/29)
  3. 宋帝王(宗帝王)…三七日、文殊菩薩(3/25)
  4. 五官王…四七日、普賢菩薩(4/14)
  5. 閻魔王…五七日、地蔵菩薩(5/24)
  6. 変成王…六七日、弥勒菩薩(6/15)
  7. 泰山王(太山王)…七七日、薬師如来(7/8)
  8. 平等王…百ヶ日、観音菩薩(8/18)
  9. 都市王(都市帝王)…1周年、勢至菩薩(9/23)
  10. 五道転輪王…第3年、阿弥陀如来(10/15)

以上の本地仏に続いて3仏尊を加えた十三仏とは

  1. 7年、阿閦如来(11/15)
  2. 13年、大日如来(11/28)
  3. 33年、虚空蔵菩薩(12/13)

となります。

文化財

十王像の起源は中国で朝鮮半島にも広がり、日本では鎌倉時代の彫刻や絵画があります。

彫刻

円応寺・白毫寺に数体のみ。

絵画

陸信忠筆と伝える法然寺の絹本著色図をはじめ、大徳寺・二尊院・宝福寺に10幅ものがあります。

また、地蔵菩薩に伴なう能満院・日光院・長谷寺などにも所蔵されています。

十王経

十王経じゅうおうぎょう は、中国民間信仰と仏教信仰との混合説を述べた経典で、諸本があります。

根本の発想は、死後の世界で十人の王に生前の罪業を裁かれるという点。

唐代の蔵川述の閻羅王授記四象逆修生七住生浄土経や、平安時代末期の地蔵菩薩発心因縁十王経などが流布しました。

これら冥府信仰と地蔵信仰の結びつきは中国で5世紀頃から確認されます。

七七忌(四十九日)・百日忌・一周忌・三周忌などの追福法要とならんで流行しました。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました