大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

百日忌

法事・供養
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
https://amzn.to/3Rwo2mS
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い

意味

百日忌ひゃくにちきとは死去した日をふくめて100日目に行なう法事です。

卒哭忌ともいい、死者のために泣くのが終わったという理由で行ないます。

忌明け後に初めて行なう法事ですが、今では百日忌を行なう家がずいぶんと減りました。

 

ホットケーキ
ホットケーキ

たくさんの人を招いて法事を営むと経済的にみて大きな負担となります。

 

ナム
ナム

四十九日の法事が済んだことだし、次回は一周忌で良いかなという考えだと思います。

なお、百日忌の風習は中国のものであって、インドから来たものではありません。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました