大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

明妃

仏様タグ
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
https://amzn.to/3Rwo2mS
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い

意味

明妃みょうひとは真言の異称。

明王の女声で、「妃」に能生の徳の意味があります。

外道に説く明王の妻ではなく、真言を内証とする仏尊をも明妃と名づけます。

たとえば、観音部中の女徳の8尊は八明妃。

スポンサーリンク

八明妃一覧

経典により名称は異なりますが、①蘇婆呼経3巻(輸波迦羅訳)、②同別本、③現図曼荼羅より八明妃をまとめると次のとおりです。

目精  妙目精 多羅
妙白 徒多閼枳耶、白明 白身観自在菩薩
居白 半拏徙寧、服白衣 白処観自在菩薩
観世 微路羯寧、観世
独髻 迦熱吒、独髻 一髻羅刹(女)
金顔 哩、金色相 大明白身観音
名利称 野捨末底、名称慧 耶輸陀羅菩薩(持名称者)
倶胝 句胝、念像 毘倶胝菩薩

※観世は、阿闍梨所伝曼荼羅には「遍観菩薩」。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました