仏典曰く 旗なびかず風なし 揺らぐは…

国語辞典にみる仏教用語

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

国語辞典にみる仏教用語

国語辞典から仏教用語をまとめています。

国語辞典はフラットな説明をしていて宗派を超えますから、私のようにこれから仏教に親しむには相応しい教材です。

おもに使った辞典はこちら。

林四郎監修、篠崎晃一編修代表、相澤正夫・大島資生編著『例解新国語辞典』第十版、三省堂、2021年。

これは日本語教師養成講座の先生方がこぞって「丁寧でコンパクト」と賞賛されていた中学生用国語辞典です。

好奇心が高まれば、そのとき、ランクアップした辞典や一般書・専門書を求めるのが私のスタンスです。いろいろとシンプルにしてから学びたい方々にお勧めの一冊です。

ア行

  • あみだ(阿弥陀)…西方浄土に住んで「南無阿弥陀仏」と唱えるすべての人を極楽に導く仏。阿弥陀如来とも阿弥陀仏とも。

カ行

  • かんぜおんぼさつ(観世音菩薩)…慈悲の心が深く、人々の苦しみを救う仏。略して観音(かんのん)。観音菩薩、観音さまなどと使う。
  • かんのん(観音)…観世音菩薩の略語。また、観世音菩薩を本尊とする仏寺の総称。

サ行

  • しゃか(釈迦)…古代インドの仏教の開祖。ブッダ(仏陀)とも。

ナ行

  • にょらい(如来)…仏を敬った呼称。釈迦如来、阿弥陀如来など。

ハ行

  • ぶっきょう(仏教)…紀元前5世紀ころ、シャカ(釈迦)を開祖にインドでおこった宗教。キリスト教とイスラム教とともに世界三大宗教の一つ。
  • ぶっだ(仏陀)…悟りを開いてすべての人を教え導く聖者。とくにシャカ(釈迦)をいう。仏とも。
  • ぼさつ(菩薩)…①仏につぐ位の者。仏になるために悟りを求め、哀れみの心で人々を導く修行者。こちらの使い方に「観音菩薩」など。②神につけた尊号。こちらの使い方に「八幡大菩薩」など。
  • ぼだい(菩提)…①悩みや欲望を越えた無上の悟り。②成仏すること。
  • ぼだいじ(菩提寺)…先祖代々の墓のある寺。類義語に檀那寺(だんなてら)。
  • ぼだいじゅ(菩提樹)…ハート形の葉をもつ高木。落葉樹と常緑樹があり、シャカ(釈迦)が木下で悟りを開いたのは常緑樹。これをとくにインド菩提樹ともいう。
  • ほとけ(仏)…仏教の創始者シャカ(釈迦)が悟りを開いて宇宙の真理を一身に体得した姿。ブッダ(仏陀)とも。像に表現したシャカを菩薩(如来や観音など)ともいう。
タイトルとURLをコピーしました