大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

四方四仏

仏様タグ
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
スポンサーリンク
般若心経 完全版
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い
https://amzn.to/3Rwo2mS

意味

四方四仏しほうしぶつとは、四方に仏尊を配置して法界を占有することです。

この発想は顕教にも密教にもたくさん。

とくに密教では、組織的な両界曼荼羅にて、中尊である大日如来を中心にした五仏を説きます。

そして、完全円満な諸徳を総合した大日如来の別徳(ほかの御利益)を司るものとします。

スポンサーリンク

現図曼荼羅の構成

現図曼荼羅では次の構成をとります。

経典により配置に諸説があります。

東方

南方

西方

北方

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました