大阪メトロ谷町線でお寺めぐり

プロフィール(ホットケーキと南無さんの紹介)

この記事は約4分で読めます。
記事内に広告を含みます。
ホットケーキ
ホットケーキ

みなさん、こんにちは。仏寺めぐり大阪を運営しているホットケーキです。

健康のために市内を自転車遍路。すべての仏教寺院をまわる無宗旨・無宗派の自転車遍路です。

ブログの投稿情報は、各SNSをはじめGoogleニュース提供元でもフォローできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自転車遍路の助っ人たち

  • 自転車:ANIMATO “VIENTO” (Red Color)
  • カメラ:HUAWEI P-30 Lite
  • カメラ:ORINPASS PEN Lite E‐PL6
スポンサーリンク

ホットケーキの由来

ニックネームは私が好きなカフェの看板からお借りしました。

大阪市住吉区にある喫茶店「グアドゥアコーヒー」で、看板どおりコーヒーとホットケーキが仏様のように美味しいお店です。

大阪市住吉区の喫茶室グアドゥアコーヒー。2017年2月20日に訪問・撮影。

仏教との関わり

ホットケーキと仏教との関わりには経緯があります。

自転車

1台目の自転車

乗っている自転車は2018年に買ったママチャリです。

左ブレーキがガシガシ、カゴがガタガタ鳴っていますが、けっこう頑張ってくれています。

大阪市此花区にて淀川を望む。2022年3月16日に撮影。

2台目の自転車

2022年5月21日、大阪市と大阪府警察署合同の無断駐輪撤去に遭遇。

引き取りに行くと2500円は払う必要があるので安めのクロスバイクを買おうと決断。5月23日、夫婦で一緒に近所の自転車屋を覗きに行きました。

するとサドルもペダルもハンドルもチェーンもタイヤも全部紅色になった自転車を発見。その場で買いました。

この日から仏寺めぐり大阪はセカンドステージへ進んだことになります。

買いたてほやほやの真っ赤なクロスバイク。2022年5月24日、大阪市天王寺区の四天王寺にて撮影。

この2台目の自転車は自宅から四天王寺まで往復20 km を合計1時間で走ってくれます。

ママチャリに比べて軽さも重さも道路の状況にフィットしているので、はるかにスポーツに近づいたという印象です。

登場人物の紹介:ベトナム学僧の南無さん

「仏寺めぐり大阪」に登場するベトナム学僧(南無さん)を紹介します。

コロナ禍にもかかわらず、私の進捗状況を確かめるためにベトナムからはるばる来日されました。

ベトナム学僧
ナム

南無と申します。宜しくお願い致します。

名前の由来はベタですが、南無をヒントにしました。

仏寺撮影

わたしホットケーキは、仏寺めぐりのたびに寺門や寺札や屋根瓦を写しています。

境内に入れるお寺なら建築物をはじめ、境内・庭園やお花なども写しています。

カメラはスマホ。「HUAWEI P30 Lite」を使っています。

このスマホと機種を選んだ理由や経緯は姉妹サイトの購入記をご覧ください。

妻のiPhoneと比べて、Huaweiは寒色に強く暖色に弱いです。

この記事の著者
自転車遍路
ホットケーキ

こんにちは。仏寺めぐり大阪を運営するホットケーキです。ネコが大好き(^^) 大阪市内の仏寺に勤務するかたわら、自転車遍路中。各SNSやGoogleニュースにてシェアやフォロー大歓迎。詳しいプロフィールお問い合わせもご覧ください♪

ホットケーキをフォローする
このページをシェアする
ホットケーキをフォローする
スポンサーリンク
うっとりする仏像
菩薩半跏像(半跏思惟像)

モデルは奈良県の国宝「木造菩薩半跏像」。
平安時代に密教が流行したとき、如意輪観音の右第一手が思惟相でした。

坐法も輪王坐で片膝を立てるのに似ているため、長らく如意輪観音と考えられてきました。

近年、儀軌以前の作品では、弥勒菩薩の可能性が高いと考えられています。日本では奈良時代以前の作品がこれに当たります。韓国でも弥勒菩薩だとみる説が有力です。

如意輪観音

モデルは大阪府の国宝「木造如意輪観音坐像」。
如意輪観音にょいりんかんのんとは観音菩薩のうち変化観音の一つで、六観音(七観音)にも数えられます。左手に如意宝珠という宝玉を、右手に輪を持っています。

  • 如意は宝珠で、法輪をもって衆生の願望を成就させる意味。
  • 延寿・安産・除難を祈って功徳あり。

三昧耶形は如意宝珠、紅蓮華。正式名称は如意輪観世音菩薩。

仏寺めぐり大阪
タイトルとURLをコピーしました