大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

荼吉尼天

仏様タグ
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
https://amzn.to/3Rwo2mS
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い

意味

荼吉尼天だきにてんは天部に属する夜叉のグループ。三天と偃臥鬼の総称です。

人の足や肝を食べ、6ヶ月以前に人の死を予知する能力を与えられましたが、殺害せずに命終を待っています。

  • 音写:ダーキニー、荼吉尼陀祇尼
  • 別表記:荼枳尼天、吒枳尼天
  • 略名:吒天
  • 三昧耶形:鉢
スポンサーリンク

キャリア

アドレス

胎蔵界曼荼羅の外金剛院南方に配属(3位)。

役割

人の足や肝(心臓)を食べます。

また、奪精鬼として閻魔天の眷属を勤め、大黒天にも属します。

展開

インドでは、通力によって、6ヶ月前に人の死を知り、その心臓を食べてその法を修する者に通力を得させます。

おもに瑜珈行者に信仰されました。

日本では、稲荷の神と同一視され、愛知県の豊川稲荷が有名です。

文化財

木造荼吉尼天騎狐像

  • 指定民俗文化財:有形民俗文化財
  • 所有者:宗教法人 東大寺
  • 所在地:大阪市住吉区万代

ギャラリー

吒枳尼天(荼枳尼天)。真言宗御室派宝珠院(大阪市北区)。2023年6月9日に撮影。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました