大阪メトロ谷町線でお寺めぐり

宝生如来

仏様リスト
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク

意味

宝生如来ほうしょうにょらいは仏様カーストで如来部に属す仏尊です。

  • 音写:羅怛三婆縛(Ratnasambhavaから)
  • 密号:平等金剛、大福金剛
  • 三昧耶形:三弁宝珠
  • 同体:開敷華王如来宝幢如来、宝相如来、宝勝如来(施餓鬼儀軌)、多宝如来(救抜焰口経)、一切三界主如来(理趣経
スポンサーリンク

キャリア

役割

金剛界曼荼羅

金剛界曼荼羅では五仏(五智如来)の一つで、南方解脱輪(月輪)の主。

諸法の平等を具現する智(平等性智)の徳を司ります。

五大(地・水・火・風・空)に当てはめると、地大の黄色。

四親近を従えています(金剛宝菩薩・金剛光菩薩・金剛幢菩薩・金剛笑菩薩)。

開敷華王如来

胎蔵界曼荼羅」南方の開敷華王如来と同体。

四方四仏

顕教では四方四仏の一つに数えられます。

御利益

方法能生の徳を担当。

如意宝珠に象徴されるとおり、所願に応じて福徳を満たしてくれます。

ナム
ナム

「摂真実」に、かなり美味しい話が。五指の間から如意宝珠を降らして、天衣・天妙甘露天 ・音楽天・宝宮殿を降臨させ、乃至衆生の全所楽を満たす!\(^o^)/

形姿

金剛界曼荼羅

菩提心をもとに功徳を衆生に施すため、施願の形相をしています。

黄色の身体に、左手は拳にして衣の角を持ち、右手は与願印(施願印)を結んでいます。

胎蔵界曼荼羅

宝幢如来をご覧ください。

現図曼荼羅

身体は黄金色。

左手を拳にして臍の前に仰向け、右手は五指を伸ばしたまま仰向けにして横に出しています。

眷属

  • 四親近…金剛宝菩薩・金剛光菩薩・金剛幢菩薩・金剛笑菩薩

文化財

単独像の遺例は少ないです。

  • 金銅薄肉宝生如来坐像…青岸渡寺(天台宗、和歌山県東牟婁郡)
  • 木造宝生如来坐像…観心寺(真言宗、大阪府河内長野市、重要文化財)
  • 宝生如来坐像…西大寺(真言宗/奈良県奈良市)
  • 宝生如来立像…唐招提寺(奈良県奈良市、重要文化財)

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました