大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

天鼓雷音如来

仏様リスト
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
https://amzn.to/3Rwo2mS
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い

意味

天鼓雷音如来てんくらいおんにょらいは仏教カーストの如来に属す仏尊。

春雷のように天鼓を響かせ、衆生に法音を聴かせながら、涅槃の智を伝えます。

  • 音写:提婆曇覩尾・ 迷迦涅瞿沙(Divyadundubhi meghanirghosaから)
  • 訳語:天鼓雷音
  • 略名:鼓音如来
  • 同体:最勝音如来(阿弥陀経)、微妙声如来(観仏三昧経)、天鼓音王如来(最勝王経)、雷音王如来(智炬陀羅尼)、不空成就如来(現図曼荼羅)など
  • 密号:不動金剛
  • 三昧耶形:万徳荘厳印
スポンサーリンク

キャリア

胎蔵界曼荼羅に記載されています。

アドレス

「胎蔵界曼荼羅」中台八葉院の北方に配属され、四仏の一つに数えられます。

役割

不生不滅の涅槃を担当。

天鼓が、形や住処なく法音を演説しなかがら、衆生を啓発します。

あらゆる迷いから解脱した寂定状態でも、天鼓を用いて自然に涅槃の智を伝え、衆生を説法教化します。

形姿

胎蔵界曼荼羅

熱を離れて清涼に寂静に住む形相。

現図曼荼羅

身体は金色の仏形。偏袒右肩の袈裟を着用。

右掌は伏せて膝に置いて、指先が地面に触れる触地印(降魔の印)を結んでいます。

左手は掌を仰向けて臍の下に置いています。

北輪の 不空成就如来と同体。

胎蔵旧図様

右手は同じく触地印を結びますが、左手で衣端を持って臍前に置いています。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました