大阪メトロ谷町線でお寺めぐり

四波羅蜜菩薩

仏様タグ
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク

意味

大日如来の四親近のこと。

四波定妃とも、四波羅蜜菩薩を略して「金宝法業」とも並称します。

金剛界曼荼羅」中輪の四方に並んでいます。

阿閦如来などの四仏が大日如来を供養するための菩薩。

スポンサーリンク

メンバー

四仏智から出生した諸尊の能生の母たちなので女形です。

  1. 金剛波羅蜜菩薩(東)阿閦如来から現出。堅固金剛、種子の意味は菩提心・能波。三形は五鈷杵。
  2. 宝波羅蜜菩薩(南)宝生如来から現出。大宝金剛(持宝金剛)。種子の意味は涅槃に達する 大宝)。三形は函上に宝珠。
  3. 法波羅蜜菩薩(西):観自在王如来(阿弥陀如来)から現出。蓮華金剛(清浄金剛)。種子の意味は阿弥陀如来と同じ。三形は函上に独鈷杵を茎とした未開敷蓮華。
  4. 羯磨波羅蜜菩薩(北)不空成就如来釈迦如来)から現出。妙用金剛(作業金剛)。種子の意味は生死即涅槃)。三形は板上羯磨杵。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました