大阪メトロ谷町線でお寺めぐり

夜叉

仏様タグ
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク

意味

夜叉やしゃ八部衆の一つ。

yaksaを音写したもので、ほかに薬叉・閲叉などとも書きます。

単独の固有名詞ではなく類名(クラス名)。

スポンサーリンク

キャリア

もともと夜叉は、神話では人を害する鬼類でした。

八部衆に加えられてから、守護神に就任。

八大夜叉大将(八大薬叉大将)

毘沙門天の眷属として財宝を守ってくれます。

  1. 宝賢夜叉ほうけんやしゃ
  2. 満賢夜叉まんけんやしゃ
  3. 散支夜叉さんしやしゃ
  4. 衆徳夜叉しゅうとくやしゃ
  5. 応念夜叉おうねんやしゃ
  6. 大満夜叉だいまんやしゃ
  7. 無比力夜叉むひりきやしゃ
  8. 密厳夜叉みつごんやしゃ

なお、夜叉方とは毘沙門方ともいい、北方の意。

十二神将

薬師如来の眷属には十二神将がいます。

十二神将は、薬師如来の眷属や分身とする守護神で、十二大願を護持するともいわれています。

別名に十二夜叉神将・十二神王・十二薬叉大将など。

のち、大般若経守護の十六善神へと発展しました。

役割

昼夜12時間、年季12か月にわたり絶えず衆生を守ってくれます。

さらに「薬師本願経」によると、それぞれが7000もの眷属を従えていて、薬師の名号をもつ衆生を守ります。

名称や持ち物は経軌によってさまざま。

十二神将リスト

  1. 宮毘羅くびら
  2. 伐折羅ばさら
  3. 迷企羅めきら
  4. 安底羅あんてら
  5. 摩尼羅まにら
  6. 珊底羅さんてら
  7. 因達羅いんだら
  8. 波夷羅はいら
  9. 摩虎羅まこら
  10. 真達羅しんだら
  11. 招杜羅しょうとら
  12. 毘羯羅びから

なお、十二神将の供養法を夜叉供といいます。

文化財

  • 興福寺の天龍八部衆では鳩槃茶を夜叉に当てます。
  • 胎蔵曼荼羅には夜叉持明の名があります。
  • 薬師寺本尊台座に見える12体の鬼類は十二神将の前形とみられます。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました