大阪メトロ谷町線でお寺めぐり

阿吽

仏様タグ
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク

意味

阿吽あうんは絶妙な組み合わせをした2つの王。

  • 阿(あ)…口を開いて発する最初の音声で、字音の最初
  • 吽(うん)…口を閉じて発する音声で、字音の最後

この2字は一切法の本初と窮極を意味します。

ほかにも阿吽の2項で説明する発想があります。

このように、2字に金胎両部、理智二法身の徳を収めるとします。

スポンサーリンク

空海の字義「秘蔵記」

阿吽は空海の字義「秘蔵記」に詳説されています。

事例

事例に、寺院山門の左右の二王(仁王)や神社の高麗犬の口が、一方は開き(阿)、一方は閉じています(吽)。

〈阿吽の呼吸〉 という言葉も阿吽の組み合わせからきています。

阿吽ギャラリー

真言宗国分寺の身近な阿吽像

大阪市北区天六にある真言宗国分寺では、境内に仏像がたくさんあるので、意外に阿吽像がスルーされがちです。

阿吽のうち阿の像。2023年4月17日、摂津国分寺にて撮影。

阿吽のうち吽の像。2023年4月17日、摂津国分寺にて撮影。

天台宗四天王寺のカラフル阿吽像

天台宗四天王寺には色濃く塗られた阿吽像がいくつかあります。

まず、東門から。

四天王寺のカラフル阿吽像。2022年4月19日、四天王寺東門にて撮影

向かって右の赤色が阿像、左の青色が吽像です。

ついで、南大門の阿吽像。

四天王寺の阿吽像。2022年6月10日、四天王寺南大門にて撮影。

向かって右のオレンジがかった赤色が阿像、左の薄い青緑色が吽像。

曹洞宗齢延寺の肉肉しい阿吽像

曹洞宗齢延寺の阿吽像は赤茶色で肉肉しく生々しいです。

しかも大きな目と対照的。

阿吽像のうち阿像。曹洞宗齢延寺(大阪市天王寺区)。2022年6月17日に撮影。

阿吽像のうち吽像。曹洞宗齢延寺(大阪市天王寺区)。2022年6月17日に撮影。

浄土宗念仏寺の飾り瓦

浄土宗念仏寺(大阪市天王寺区)の境内には、役目を終えた飾り瓦があちこちに置かれています。

次の獅子たちもその一つ。

阿タイプの獅子と吽タイプの獅子が向き合っていました。

獅子の飾り瓦(阿タイプ)。2023年4月28日、浄土宗念仏寺(大阪市天王寺区上本町4丁目2−41)にて撮影。

獅子の飾り瓦(吽タイプ)。2023年4月28日、浄土宗念仏寺(大阪市天王寺区上本町4丁目2−41)にて撮影。

Guadua Coffeeのシーザー

おまけに、可愛いらしい阿吽シーザーをどうぞ。

向かって右が阿シーザー、左が吽シーザー。2023年4月18日、グアドアコーヒーにて撮影。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました