大阪メトロ谷町線でお寺めぐり

浄土

仏界
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク

意味

浄土じょうどとは清浄な世界。

仏教では、とくに悟りを開いた如来や将来に開く菩薩の居住地を意味します。

仏界の浄土の事例は次のとおりです。

など。

これらのうち、現代に浄土といえば、すぐに思い浮かべやすいのは阿弥陀如来の西方極楽浄土でしょう。

スポンサーリンク

特徴

これらのうち如来のケースは、菩薩だったときに立てた誓いを完成したために到達できた浄土。

それらは同時に、すべてのものを救うために設けられた世界です。

娑婆即寂光

したがって、これら特定の浄土のもとでは、穢土の現実世界でも、心さえ清浄であれば浄土だと考えることができます。

心浄・土浄の考え方や、 悟ってみれば、穢れ多いこの 娑婆も浄土であるという考え方を娑婆即寂光といいます。

この考え方を基調とした浄土は、

より詳しい説明は浄土(浄土観)をご覧ください。

浄土教

阿弥陀如来の信仰を説く教えを浄土教といいます。

また、阿弥陀如来の浄土を描いた世界図を浄土曼荼羅(浄土変相図)といいます。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました