大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

無能勝明王

仏様リスト
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
https://amzn.to/3Rwo2mS
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い

意味

無能勝明王は明王部に属する仏尊で、八大明王の一つ。

胎蔵界曼荼羅釈迦院に配属。

  • 原語:Aparājita
  • 密号:勝妙金剛
  • 三昧耶形:鉞

釈迦が菩提樹下で成道するとき、降魔の徳によって釈迦の眷属として随従。

釈迦の忿怒身ともいわれます。

スポンサーリンク

形姿

四面四臂

身体は青色で髪は逆立ち。

4面の下3面(左中右)は三目、左右面と頂上面に金線冠を戴きます。

右手は肘を立てて胸に当て頭指を伸ば し、次手は高く挙げて掌を上に向け、 同じように頭指を伸ばします。

左手は内に向けて斧を持ち、次手は下方下側に伸ばして三叉戟を所持。

面を右に向けて右膝を曲げ、左脚は伸ばして各蓮台を踏んでいます。

一面二臂

胎蔵旧図様にて、左手は胸前で頭指を立て、右手を高く挙げています。

ほかは四面四臂と同じ。

三面四臂

図像鈔などでは身体が青色で、逆立つ髪の3面。

右手は肘を曲げて上げ、頭指1本を伸ばし、次手は垂れて独鈷杵金剛杵の一種)を所持。

左手に斧と三股戟を持ち、面を左に向けて脚を交えて蓮上に坐り、火焰を負っています。

三面三目六臂

十念怒明王経によると、身体は黄色で、日輪菩薩・円光菩薩・八大龍王を荘厳に利用。

正面は笑相、右面は青色で微念相、左面は白色で唇をかんだ大悪相。

右手に金剛杵と宝を所持。左手に網を持って頭指を立て、次手は般若経弓を持ち、阿仏の化仏が頂上にあるといいます。

文化財

造像はありません。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました