大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

維摩

人物
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
https://amzn.to/3Rwo2mS
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い

人物

維摩とは、中インドにあった毘舎離(ヴァイシャーリー)城の長者。維摩居士のこと。

在家にして釈迦の教えをうけて菩薩の行を修し、弁舌が自在で仏弟子に及ぶものがいませんでした。

スポンサーリンク

不二の法門

論客維摩居士の病床に、智慧第一の文珠菩薩が釈迦の名代として見舞い、不二の法門を論題として展開。

この論戦は敦煌壁画に描かれ、日本でも711年に法隆寺五重塔内に製作されました(後述)。

文化財

日本では金剛界曼荼羅の維摩会の本尊として、文殊菩薩と対に作られることが多いです。

形姿・像容あるあるは、頭巾を被り、手に如意宝珠などを所持。

法隆寺五重塔本塑像、法華寺塑像、興福 寺木像などが有名です。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました