大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

摩訶迦葉

人物
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
https://amzn.to/3Rwo2mS
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い

人物

摩訶迦葉まかかしょうとは王舎城近郊のバラモンの子で、ブッダ十大弟子の一人でニックネームは頭陀第一。

梵語のMahākāśyapa(マハーカーシャパ)からの音写で、たんに大迦葉・ 迦葉ともいいます。

十大弟子のなかでもっとも執着心のない清廉な人格者で、ブッダの信頼ももっとも厚かったそうです。

スポンサーリンク

キャリア

ブッダ成道後の3年目頃にブッダの弟子となり、8日目に羅漢の境地に入りました。

ブッダ入滅後に教団の統率者となり、王舎城において第一回の経典結集を行ないました。

のちに阿難を法の後継者にし、難足山に入って入定したまま生涯を終えました。

短気

バラモンの家に生まれ、結婚後に妻ともどもブッダの教団に入りました。

不浄が大嫌いなために、導火線が短く沸点が低く少しのことで怒ったようです。

短気なところをブッダは欠点だと評価しました。

頭陀第一

頭陀第一といわれています。

頭陀とは托鉢行のことで托鉢三味。

そこがブッダの信頼を得たようで、中国のブッダ像の向かって右側には、必ずといっていいほど摩訶迦葉の立像がみられます。

執着心のなさや頭陀第一を重視してか、禅宗ではとくに尊崇します。

世尊拈華

「無門図」という禅宗の公案集に「世尊拈華せそんねんげ」という話が出てきます。

ある日、ブッダが大衆の前に現われます。

説法されると思いきや、突然、ブッダは無言のまま一本の花を差し出しました。

大衆はその意味するところがわからず、なんの反応も示せなかったとき、摩訶迦葉ひとり微笑して応じました。

それを見たブッダは、自分の正法を嗣ぐ後継に摩訶迦葉を選んだというエピソードです。

同名尊者

過去の仏の第六や、仏弟子中にも優楼頻羅迦葉・伽耶迦葉などが迦葉と呼ばれました。

仏滅3000年に出た小乗飲光部の祖も同名です。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました