大阪メトロ谷町線でお寺めぐり

持世菩薩

仏様リスト
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク

意味

持世菩薩じせぼさつは菩薩の一つで、持世とは財宝を恵み、世間を安んじて維持する意味。

スポンサーリンク

役割・御利益

増益法に修します。

古くから、持世菩薩の陀羅尼を唱えると貧窮から脱して、財宝が倉庫に充満すると信じられています。

形姿

慈悲円満相で二臂、右手に果実、左手は施無畏印。

身体色は深緑で、無量の荘厳具を着用さ、蓮華座に坐っています。

経典

  • 雨宝陀羅尼経:不空
  • 仏説大乗聖吉祥持世陀羅尼経:法天訳
  • 聖持世陀羅尼経:施護訳

持世菩薩曼荼羅

「雨宝陀羅尼経」(不空訳)に依拠し、財宝を降らす増益法に用います。

雨宝陀羅尼経は説話風の形式で、水中から生じた蓮華座に坐する中尊を中心に、前には2龍王が水中に立って七宝箱と宝瓶を捧げる天女相。

中尊との間、左右に宝塔と大勝天(菩薩形立像)が脇侍の位置にあり。

上部の虚空に天蓋と3天人が七宝をふ降らせる姿。

最下部には呪師(僧形)が蓮華を持って中尊に対坐しています。

大同小異の図様もあり。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました