大阪メトロ谷町線でお寺めぐり

仁王門

仏界
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク

意味

仁王門におうもん(二王門)とは、伽藍の守護神である金剛力士(左に密迹金剛、右に那羅延金剛)を安置する楼門。

左右コンビで阿吽の形相をしていることが多いです。

すでにインドのバールフットの塔門にも見られ、法隆寺西院の中門以後、遺構が増えました。

天台宗真言宗の寺院には、四天王のうち持国天と増長天とを安置した二天門もあります。

スポンサーリンク

ギャラリー

四天王寺のカラフル阿吽像(仁王像/金剛力士像)。2023年4月19日、四天王寺東門にて撮影。

四天王寺のカラフル阿吽像(仁王像/金剛力士像)。2022年3月27日、四天王寺南大門にて撮影。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました