大阪メトロ谷町線でお寺めぐり

観普賢菩薩行法経

経典・文献
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク

説明

観普賢菩薩行法経かんふげんぼさつぎょうぼうきょうとは、劉宋のダルマミトラ(Dharmamitra)の訳。

略して観普賢経、普賢観経。

スポンサーリンク

内容

ブッダ入滅の3ヶ月前、ヴェーサーリ国 の大林精舎にて、仏が普賢観門と六根の罪の懺悔について説いたことを内容とします。

法華経の普賢菩薩勧発品を承けて書いてあり、智顗(天台大師)はこの経典を法華経の結経であると述べています。

円頓菩薩戒の三尊として釈迦三尊を叙述。

また、「釈迦牟尼を毘盧遮那遍一切処と名づく」と書いていて、毘盧舎那如来を端的に説明しています。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました