大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

迦楼羅

仏界
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
https://amzn.to/3Rwo2mS
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い

概要

ビシュヌ神がガルダに乗る図(ラヴィ・ヴァルマ画)。Lord Garudaからの画像。

迦楼羅かるらとはインド神話上の架空の大鳥。

ガルダ/ガルーダ(garuda)からの音写。

ヒンドゥー教ではビシュヌ神の乗物です。仏教の金翅鳥と同一視されます。

仏教では、文殊菩薩の化身ともいわれます。

龍を常食し、両羽を広げると336万里(1344万Km)あります。

大乗経典では八部衆の一つとされ、密教では、梵天大自在天が、衆生を救うために迦楼羅の姿をかりて登場。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました