大阪メトロ谷町線でお寺めぐり

童子経曼荼羅

曼荼羅
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク

概要

童子経曼荼羅どうじきょうまんだらとは護諸童子陀羅尼経(菩提流支訳)に依拠した童子経法の本尊。

諸説があります。

  • 栴檀乾闥婆王(四臂不動明王の化身)
  • 不動明王
  • 不動明王と乾闥婆王の尊
  • 梵天・乾闥婆王の両尊。

流布している曼荼羅では、中央に大きな師子冠を被った乾闥婆王が石上に左足を垂れて坐っています。

そして、左手に宝珠、右手の三戟に十五鬼の首を貫き、周囲には、十五鬼神が恐怖相で取囲んでいます。

十五鬼神は、牛・師子・鳩摩羅天・野狐・獅猴・羅刹女・馬・婦女・狗・猪・猫児・鳥・薙・狐・蛇。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました