大阪メトロ谷町線でお寺めぐり

理趣会

曼荼羅
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク

意味

理趣会りしゅえとは、金剛界曼荼羅の西北方の一画。

金剛薩埵会・普賢会とも。

スポンサーリンク

構成

金剛薩埵を中心に次の構成をとります。

第一重

3段3列に区画して、

  • 慾・触・愛・慢の四金剛菩薩(四親近)を東南西北に配置
  • 慾・触 ・愛・慢の四金剛女を東南・西南・西北・東北に配列

第二重

  • 四隅の外四供養菩薩の位置に、内四供養菩薩を配置
  • 各面の中央に、四摂菩薩を配置

八供養菩薩四摂菩薩

外郭

西方3会(上段)すべて同じ体裁です。

注意点

第二重の地文である蓮華文も一印会に準じます。

理趣会は、金剛薩埵の一印会を描いたものですが、他会のように経説と合致するわけではありません。

七巻「理趣経」と金剛薩埵関係の儀軌を 参酌して合成したものです。

理趣会は金剛薩埵の内証である煩悩即菩提を表現したもので、一尊のみを描かないのは十八会のビジョンに準拠したものです。

十八会のビジョンでは、四親近の四金剛菩薩は四智を表現して、四金剛女は四波羅蜜菩薩を表現しますが、慾触・愛慢は人間本来の欲望を表示したもので、それがそのまま煩悩を離れて悟道に達するものと解釈します。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました