大阪メトロ谷町線でお寺めぐり

馬鳴菩薩

仏様リスト
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク

意味

馬鳴菩薩めみょうぼさつは蚕の守護神で、貧者に衣服を与えます。

馬と蚕の関係には、いくつか理由が。

  • 蚕の鵜上から見た姿が馬の顔に近似
  • 蚕の胴体の文様が蹄の跡に近似
スポンサーリンク

キャリア

大乗仏教の論師・馬鳴とは無関係。

役割と御利益

中国の民間信仰に由来します。

養蚕織物の神として祭られ、仏教の伝来とともに日本に伝えられました。

蚕が生みだす絹を根拠に、衣服を貧者に与える徳行があります。

経典

本軌は馬鳴儀軌(金剛智訳)。

形姿

群像で白雲に乗ります。

本尊は、白馬の背にある蓮台に左脚を垂れています。

身体は白肉色で花冠を頂き六臂。

描かれる対象によりますが、火焰・糸車・繭・宝珠・桑木・管・秤・与願印などを所持。

馬の左右に2童子、後方に3侍者、合掌して頭上に馬首のある尊を蚕、ほかの2侍者を蚕室・蚕印といいます。

馬前に唐服を着けた弟子が岩上に立って合掌しています。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました