大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

当麻曼荼羅

曼荼羅
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
スポンサーリンク
般若心経 完全版
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い
https://amzn.to/3Rwo2mS

概要

当麻曼荼羅たいままんだらとは浄土変相図のうち、観経曼荼羅の一つ。

原本は、中将姫法如が蓮の糸で織ったと伝わります。

ただ、残念ながら破損していて断片を残すだけですが、16世紀初頭に模写した文亀曼荼羅も当麻寺にあります。

原図は縦横4.5mと、大幅なため、四分一曼荼羅などに縮写したものが多く、板本としても普及しました。

スポンサーリンク

構成

内外陣に分かれます。

内陣

阿弥陀三尊(阿弥陀如来観音菩薩勢至菩薩)を中心に宝楼閣をめぐらしています(→三尊仏)。

前面

宝池があり舞楽を演じています。

往生人を迎える左右対象の精密な図柄です。

外陣

左右と下の外縁にて観経の意味を表現しています。

右縁に十三観、左縁に序分の11 図、下縁に九品来迎の相を示しています。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました