大阪メトロ谷町線でお寺めぐり

入唐八家

人物
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク

意味

入唐八家にっとうはっけとは、平安時代初期に唐へ留学し、密教経典をもたらして密教をひろめた8人の僧の総称です。

僧名・在留期間・請来典籍数は次のとおりです。

  1. 最澄:天台宗、804年〜805年、230部・460巻
  2. 空海真言宗、804年~806年、216部・454巻
  3. 円行:真言宗、838年~839年、69部・123巻
  4. 常暁:真言宗、838年~839年、31部・63巻
  5. 円仁:天台宗、838年~847年、584部・802巻
  6. 慧運:真言宗、842年~847年、170巻
  7. 円珍:天台宗、853年~858年、441部・1,000巻
  8. 宗叡:真言宗、862年~865年、134部・143巻

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました