カトリック玉造教会(大阪カテドラル聖マリア大聖堂)

史跡めぐり
この記事は約4分で読めます。

2022年4月23日、仏寺めぐりの帰路、カトリック玉造教会(大阪カテドラル聖マリア大聖堂)を知りました。

中央区南部の仏寺エリアのなかに、かなり大きな建物が建てられているので、一部分だけキリスト教エリアになっています。

近くにはキリスト教系の大阪女学院もあります。

4月23日の日記からの続きとして、カトリック玉造教会について独立した記事として投稿します。

スポンサーリンク

カトリック玉造教会(大阪カテドラル聖マリア大聖堂)

大阪女学院から北上すると、かなり大きいキリスト教ふうの教会が出てきました。

カトリック玉造教会の大阪カテドラル聖マリア大聖堂です。

圧倒されたので、このエリアに西洋風の住居が多い気がしてきましたが、定かではありません^^;

大阪カテドラル聖マリア大聖堂(カトリック玉造教会、大阪市中央区玉造)。2022年4月23日に撮影。

大阪カテドラル聖マリア大聖堂(カトリック玉造教会、大阪市中央区玉造)。2022年4月23日に撮影。

マリア像。大阪カテドラル聖マリア大聖堂(カトリック玉造教会、大阪市中央区玉造)。2022年5月14日に撮影。

大聖堂前広場の細川ガラシア像。大阪カテドラル聖マリア大聖堂(カトリック玉造教会、大阪市中央区玉造)。2022年5月14日に撮影。

大聖堂前広場の高山右近像。大阪カテドラル聖マリア大聖堂(カトリック玉造教会、大阪市中央区玉造)。2022年5月14日に撮影。

ファティマの聖母と羊飼い

ファティマの聖母と羊飼い。大阪カテドラル聖マリア大聖堂(カトリック玉造教会、大阪市中央区玉造)。2022年5月14日に撮影。

ファティマの聖母と羊飼い/アリーニ作(Our Lady of Fatima and the Shepherds, by ARHIGHINI)

1917年5月13日、ポルトガルのファティマで、フランシスコ・マルト(9歳)とジャシンタ・マルト(7歳)は、 従姉妹ルチア・ドス・サントス(10歳)と、羊の群れの世話をしていました。そこに、ロザリオを手にした輝く婦人が現れ、罪人の回心のために祈るようにと告げました。羊飼いたちはこの聖母マリアの出現を10月までの間、 計6回にわたって受けました。ここに展示されている場面は、聖母マリアが羊飼いたちにメッセー ジを伝えているところです。

2017年5月13日現地で、 聖母出現 100年 を祝うと共に、 フランシスコ・マルトとジャシン タマルトの2人の羊飼いが聖人の列に加えられ ました。 聖母マリアと心をあわせて祈りましょう。大阪カテドラル聖マリア大聖堂(カトリック玉造教会)の碑文

大阪カテドラル聖マリア大聖堂(カトリック玉造教会、大阪市中央区玉造)。2022年5月14日に撮影。

カトリック玉造教会(大阪カテドラル聖マリア大聖堂)。2022年5月14日に撮影。

師イエズス修道女会。カトリック玉造教会(大阪カテドラル聖マリア大聖堂)。2022年5月14日に撮影。

関連情報

† カトリック玉造教会 Catholic Tamatsukuri Church 【大阪カテドラル聖マリア大聖堂】:公式ページ。沿革と概要、司祭・シスター、ミサの時間、結婚式・葬儀、アクセス、広報誌 Web版、資料、リンクなど。

コメント コメントありがとうございます♪

タイトルとURLをコピーしました