大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

千部会

行事
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
https://amzn.to/3Rwo2mS
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い

意味

千部会せんぶえとは、祈願や追善供養のために、同一経典を千回読誦する法会。

千部読経法会の略語で、千僧読経・千部読経とも。

スポンサーリンク

内容

多くの僧侶を招いて、各1部・10部・50部などを読んで千部を満たします。

500人や1000人の僧侶が集まったケースもあります。

江戸時代には、おもに追福のために万部会や三百部会なども行ないました。

今では大きな法会や、民間での読誦会などにあたります。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました