大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

散華

行事
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
スポンサーリンク
般若心経 完全版
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い
https://amzn.to/3Rwo2mS

意味

散華さんげとは花をまき散らすことや、散らすときに使う花や花紙のこと。

仏教では仏に供養するときに行ないます。

なかには法要の式に散華の儀を組むこともあります。

  • 顕教では四箇法要の一つ。
  • 密教では二箇法要の一つ。

密教では梵唄の次に行ないます。

ガーター(伽陀)を詠じながら、華籠に入れた生花・造花や製紙の蓮弁を撒いていきます。

散華。弘法大師御誕生千二百五十年記念、弘法大師御誕生所、総本山善通寺(画・中村幸真)。

 

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました