大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

報恩講

行事
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
https://amzn.to/3Rwo2mS
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い

意味

報恩講ほうおんこうとは、浄土真宗の寺院と信者のもとで、開祖の親鶯に厚恩を謝するために親鸞の忌日、あるいは秋から冬にかけて毎年行なう法会。七夜ともいいます。

浄土真宗第三世の覚如が報恩講式をつくって以来、広く行なわれるようになりました。

スポンサーリンク

日程

浄土真宗の大きな宗派である大谷派と本願寺派では、御正忌報恩講法要の名前のもと、次のような日程で報恩講を執り行なっています。

  • 東本願寺…11月21日〜28日(毎年)
  • 西本願寺…1月9日〜16日(毎年)

各宗派各寺院で独自に行なうことも多く、秋冬は浄土真宗が賑やかになるシーズンですね。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました