大阪メトロ谷町線でお寺めぐり

盤石座

光背・台座・坐り方
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク

意味

盤石座ばんじゃくざとは自然を採り入れた台座で、明王部・天部に用いる自然石。

岩座ともいいます。

立像・坐像・倚像のいずれにも便宜。

スポンサーリンク

種類

瑟瑟座

不動明王の専用台座です。

堅固不動を表象した瑟瑟座しつしつざは、同形の積木を5段、中細に積上げ、平面も規則正しい凹凸を付けた曲線のない幾何模様という特殊な形。

洲浜座

岩座の平面を洲浜型にした洲浜座は、興福寺の天龍八部衆の阿修羅像に見られます。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました