仏典曰く 旗なびかず風なし 揺らぐは…

浄土宗専修寺の寺門(大阪市此花区)

此花区
この記事は約3分で読めます。
ホットケーキ
ホットケーキ

大阪市内の仏教寺院をまわる自転車遍路。おもに山門、境内、お庭・お花、屋根瓦・軒瓦などを撮しています。

スポンサーリンク

浄土宗専修寺の寺門(大阪市此花区)

  • 宗旨:浄土宗
  • 宗派:浄土宗鎮西派
  • 山号:難波山
  • 院号:多善院
  • 寺号:専修寺
  • よみ:せんしゅうじ
  • 本尊:
  • 所在地:大阪市此花区酉島3-26-12

2022年3月16日に撮影。

浄土宗専修寺の寺門(大阪市此花区)。2022年3月16日に撮影。

浄土宗鎮西派・難波山多善院・専修寺。浄土宗専修寺の寺門(大阪市此花区)。2022年3月16日に撮影。

境内

除水難地蔵尊。浄土宗専修寺の境内(大阪市此花区)。2022年3月16日に撮影。

浄土宗専修寺の境内(大阪市此花区)。2022年3月16日に撮影。

浄土宗専修寺の本堂(大阪市此花区)。2022年3月16日に撮影。

ボードの教え

耐えてこそ/色鮮やかな/花が咲く浄土宗専修寺のボード

ほかに浄土宗春彼岸のポスターと専修寺縁起のプレートあり。

専修寺緣起

浄土宗鎮西派

難波山多善院専修寺

本年より四百十七年前開山譽永徹和尚永鉄元年

泉州堺浦神明東二丁に創建せられ天正五年五月

二十七日法寿八十三才にして其の地に示寂される現 にあり。 堺市神田町東三丁法伝寺内中興第八世嶺撃大椒

尚師の単上人と共に堂宇の完備につくされる。 明治三十九年第せ九世説察信敬和尚は豊田・中村・湯川 三氏のもとに大阪市西区川岸町(現此花区)へ 転改される。

明治四十四年二月本尊阿弥陀如来座像(鎌倉時代仏師運奏作) 国宝に指定される。現大阪市立美術館出展 昭和二年十一第世一世賢察学周和尚住職される。

昭和五年十一月現地に移転改築す。(敷地六百九十五坪 和九年九月十一日南西大風水害(室戸台風に遭い復興 の第一歩として保育事業を開始する。)

昭和十一年六保育園舎竣工する。

昭和二十年六月一日大東亜戦争の戦火により堂宇全焼する。 和二十五年五月一部復興建築成るが同年九月三日 ジェーン屋にて全壊する。

三十六年三月一部復興建築成り第世二世修政照

「三十五年四月現住神谷周道住職す。 昭和四十三年十一月修寺復興第一次計画として仮本堂の実をなし保育部門を財団法人多善会の経営と して独立する。 昭和五十年十一月二十三日専修寺復興第二次計画として本信徒会館の建築なる。

大阪市此花区西島三二六十二 専修寺世三世 浮譽浄土宗専修寺のボード

コメント コメントありがとうございます♪

タイトルとURLをコピーしました