大阪メトロ谷町線でお寺めぐり

伊舎那天

仏様リスト
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク

意味

伊舎那天いしゃなてんは天部に属する仏尊で、八方天・十二天(東北方)のメンバー。

三形は三股戟。

伊舎那とは自在主宰の意味。

スポンサーリンク

キャリア

住所

胎蔵界曼荼羅外金剛部院。欲界の第6天に住みます。

他者関係

  • 牛に座ることもあるので、大自在天と同体で大自在天の忿怒身
  • 風力を神格化したものだから、シヴァと同一
  • 伊弉諾尊と同一

形姿

胎蔵界曼荼羅外金剛部院に、天女形の三目で髑髏座に坐す姿あり。

身体は青色で赤髪、三目。

髑髏を瓔珞とし、右手に三股、左掌に坏器(血を盛る)を持ち、足を交えて坐しています。

図像的に異像は少なく、「別尊雑記」に牛座を確認できるくらい。

眷属

眷属に伊舎那天妃(商羯羅后)。

瑜伽護軌、十二天軌、尊勝仏頂脩瑜伽法儀軌などに登場。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました