大阪メトロ谷町線でお寺めぐり

作法

僧侶スタイル
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク

意味

日常語でマナーやルールといわれる作法とは、仏教用語にもあります。

作法は一般庶民のなかにもとりいれられ、そこに一定のルールを生みだしました。

かつて仏教では、日常の行住・坐臥・儀式などにおいて行なうべき、パターン化されていた動作の意味です。

かつて、行法には婦人や泥酔者と道路を歩行しないで、正しく前方を見て進むことなどが定められていました。

臥法や食法などにも一定の礼法がありました。

今では作法は法要供養などの儀式やこれらに付随する修法坐法に残っています。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました