大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

声聞

僧侶スタイル
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
https://amzn.to/3Rwo2mS
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い

意味

声聞しょうもんとは、語源的な意味では釈迦の音声を聞いた仏弟子のこと。

広義には、大乗仏教において縁覚や菩薩に対して低い仏道修行者を意味します。

仏樣の教法によって三生六十劫の間に四諦の理を観じ、自らのみ阿羅漢となること(自利)を理想とします。

なお、縁覚と合せて二乗といい、小乗仏教徒の一形態。

コメント お気軽に♬

  1. 本文と関係ない内容で恐縮ですが…
    VICTORの犬、実家に陶器の置物がありました。
    よくおままごとに使っていました。懐かしいです。

    • がっちゃんさん、VICTOR犬、家にはなかったようですが、言われてみれば親戚や知人のうちにはチラホラ。お釈迦さんの弟子たちも、VICTOR犬みたいに興味津々で聴き入っていたんだと思って、この画像にしたんです(^o^)

タイトルとURLをコピーしました