大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

法律

仏界
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
https://amzn.to/3Rwo2mS
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い

意味

法律ほうりつとは国家の強制力を伴なう社会規範のこと。

語源的には仏教にふかく関わる法と律からできています。

ホットケーキ
ホットケーキ

律令体制と憲法体制との違いは、法令が政府より強いか弱いかにあります。

むかしは、仏教教団内の規制が国家の強制力なみに強い時代もありました。

また、教団には戒律・清規などの掟書があり、他方で、外部から教団に対して与た法律も少なくありません。

スポンサーリンク

歴史

古代から中国の道僧格や日本の僧尼令があり、近くは江戸幕府による寺院法度がりました。

日本近代化とともに宗教法案の議会での否決権を教団側へ与えられたこともあります。

今日では教団(宗教団体)は宗教法人法の規制下に置かれています。

宗教法人法

法律第126号として、1951年4月3日に施行されました。

宗教団体が業務や事業を行なうにあたり、法律上の能力を団体へ与えるための法律です。

おもな業務や事業は、礼拝の施設その他の財産を所有・維持運用することです。

宗教法人法の全文は次のリンクをご覧ください。

文化庁が配布する「宗教法人運営のガイドブック」は次のリンク先ページからダウンロードできます。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました