大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

経木

仏事アイテム
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
スポンサーリンク
般若心経 完全版
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い
https://amzn.to/3Rwo2mS

意味

経木きょうぎとは、細長い25cm以内ほどの薄板に経文を書いて、死者の法名(戒名)を記したものです。

仏教では追善供養に使われます。

また、施餓鬼会で、卒塔婆を水中に立てたり、経木・紙などに死者の法名を記して河中に投げたりして、回向します。

スポンサーリンク

歴史

14世紀には経文と各自の名前を書いて寺院に納めたと伝えられます。

その頃から、経木といえば、木材を薄く削った真田や包装用の薄片をいいます。

包装用では、おにぎりの包み、寿司屋たこ焼きの舟(台)などがよく知られています(^^)

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました