大阪メトロ谷町線でお寺めぐり

塼仏

素材と作り方
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク

意味

塼仏せんぶつとは磚仏とも書き、土を型抜きして固めるか焼くかして作った平板な材料に、浮彫タイル状に図案を作り出したもの。

中国を中心に発達し、敷瓦(床面)や貼瓦(壁面)の装飾に用いました。

天人と鳳凰の文様のある奈良時代の遺品があり、仏像を表わしたものは中国や朝鮮から伝えられ、日本では法隆寺蔵の三尊仏が有名です。

スポンサーリンク

文化財

四尊連坐塼仏

  • 考古資料 / 飛鳥 / 奈良県
  • 出土地:奈良県桜井市 山田寺跡出土
  • 飛鳥時代・7世紀
  • 土製

塼仏笵

せんぶつはん

彫刻 / 飛鳥 / 奈良県

 

 

出土地:奈良県桜井市 山田寺跡出土

飛鳥時代・7世紀

土製

長13.6×幅10.9×厚3.3

1個

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました