大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

セッコウ(雪晃)

花と植物
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
スポンサーリンク
般若心経 完全版
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い
https://amzn.to/3Rwo2mS

2023年3月14日:咲くやこの花館

セッコウ(雪晃)。2023年3月14日、咲くやこの花館(大阪市・大阪府守口市)にて撮影。

セッコウというサボテンで、緑地に白髪、そこに真っ赤な花が咲いています。

セッコウ(雪晃)。2023年3月14日、咲くやこの花館(大阪市・大阪府守口市)にて撮影。

サボテンの花は明るくて、見ていて楽しくなってきます。

これはセッコウというサボテンで球形、つまりまん丸。

サボテンて、丸ボディが多いからか、どれも可愛いです。

緑地に白髪、そこに真っ赤な花が咲いています。

スポンサーリンク

セッコウ(雪晃)

セッコウ(雪晃)はサボテン科パロディア属の多年草で、原産はブラジル南部。

園芸植物として人気です。

ドイツのサボテン収集家ハッセルベルグが発見したことから、学名は「Notocactus haselbergii」または「Brasilicactus haselbergii」。

いったん咲いたら1週間ほど咲き続けます。

サボテンあるあるでは昼か夜にしか咲かないので、お昼に外出する人にもってこいの植物。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました