仏典曰く 旗なびかず風なし 揺らぐは…

ウキツリボク(浮釣木)

お花めぐり
この記事は約2分で読めます。

ウキツリボクはアブチロン花の一つで、半つる性の原種です。アオイ科。

赤色の花から黄色の花が出てくる存在感とコントラスト。

この存在感はフクシアに似ていますが、ウキツリボクの黄色部分がさらに大胆さを増しています。

スポンサーリンク

2022年4月30日:大阪市都島区

ウキツリボク。2022年4月30日、大阪市都島区にて撮影。

ウキツリボク。2022年4月30日、大阪市都島区にて撮影。

2022年4月8日:大阪市中央区

こちらは大阪市中央区の日蓮宗法性寺で撮したウキツリボクです。

フクシアもそうですが、提灯の形をした花は可愛いですね。

日蓮宗法性寺のウキツリボク(チロリアンランプ/大阪市中央区)。2022年4月8日に撮影。

基本情報

  • 学名:Abutilon
  • 科名:アオイ科
  • 属名:イチビ属(アブチロン属)

詳しくは「アブチロンとは – 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸 NHK出版」。

コメント コメントありがとうございます♪

  1. 珍しい花ですね!!
    初めて見ました~(^^♪

    • 私も撮影時にはじめて知りました。赤色に黄色が出ていて、実まで出ている写真は昔なつかしのアイスキャンディに見えます(笑)

タイトルとURLをコピーしました