仏典曰く 旗なびかず風なし 揺らぐは…

桜之宮公園の珍しい花たち

お花めぐり
この記事は約2分で読めます。

2022年3月29日、一人で近所の桜ノ宮公園へ花めぐりに行きました。

今回は三つの珍しいお花を紹介します。

スポンサーリンク

桜之宮公園の珍しい花たち(大阪市都島区)

ヒメオドリコソウ(Lamium purpureum)

茶色い苔かと思いました…。

虫が毛皮を着ているようで最初は抵抗がありましたが、眺めていると花びらが可愛く見えてきます。

ヒメオドリコソウ(Lamium purpureum)。2022年3月29日、桜之宮公園にて撮影。

ブドウムスカリ

次はブドウムスカリ。

白のパイピング(縁取り)が可愛い\(^o^)/

ブドウムスカリ(Muscari armeniacum)。2022年3月29日、桜之宮公園にて撮影。

ノボロギク

そして、最初はタンポポと思ったノボロギク。

ノボロギク(Senecio vulgaris)。2022年3月29日、桜之宮公園にて撮影。

まとめ:桜之宮公園

このように桜之宮公園は桜だけではなくいろんな珍しい花も咲いています。

この公園が少し残念なのは、春が一番鮮やかで他の時期は枯れ気味ということです。集中的に桜が植えられているので仕方がありませんが。

桜だけではなく他の花たちとの出会いや撮影を楽しみに、この公園を散歩するのがおすすめです。

コメント コメントありがとうございます♪

タイトルとURLをコピーしました