大阪メトロ谷町線でお寺めぐり

智拳印

印相・形相
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク

智拳印とは

大日如来。土佐秀信画『仏像図彙』三、1900年、5丁。

智拳印ちけんいんとは印相の一つ。

金剛界一印会の大日如来が結び、独一法身の印です。

梵語で「Jñāna musti mudra」。

スポンサーリンク

結び方

両手とも金剛拳を結び、左手の頭指を立てて右手の拳の中へ入れます。

そのとき、右挙の小指で左の頭指の第一節を握り、右の頭指の頭を右の大指の第一節に柱え着けます。

意味

この印には、

  • 理智不二
  • 生仏一如
  • 迷悟一体

などの意味があります。

また、左手は衆生で、右手は仏の意味。両方で煩悩即菩薩の妙理を示します。

  • 左:衆生の五大の身
  • 右:五智五仏の宝冠にして、衆生に宝冠を被らせる

別称

  • 大智拳印
  • 金剛拳印
  • 大日法界印
  • 菩提最上契菩提引導第一智印
  • 能滅無明黒暗印
  • 毘盧遮那如来大妙智印
  • 引導無上菩提第一智印
  • 能滅無明黑暗大光明印
  • 大毘盧遮那如来無量福寿大妙智印

など。

大阪市指定文化財

木造大日如来坐像

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました