大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

スノーフレーク(鈴蘭水仙)

花と植物
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
https://amzn.to/3Rwo2mS
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い

2023年3月14日:大阪市都島区

この1年間、自宅マンションは工事をしていましたが、先月に終わり。

今日、いつもの場所に鈴蘭水仙が咲いていることを確認できました(*^^*)

スノーフレーク(スズランスイセン/鈴蘭水仙)。2023年3月14日、大阪市都島区毛馬町にて撮影。

今年の花びらは少し開き気味かな。

自宅でも成長中。

蕾から赤ちゃんスノーフレークが顔をのぞかせてきました。

自宅でも成長中のスノーフレーク(鈴蘭水仙)。蕾から赤ちゃんが登場した図。2023年3月16日、大阪市都島区にて撮影。

なんと、この蕾は翌朝に咲いていました\(^o^)/

自宅でも成長中のスノーフレーク(鈴蘭水仙)。蕾が開花した図。2023年3月17日、大阪市都島区にて撮影。

スポンサーリンク

2022年4月3日:大阪市都島区

この数日間で鈴蘭水仙がかなり増えてきました。

今回は、影を減らして黄緑色を強めに出すように加工してみました。

鈴蘭水仙(スノーフレーク)。2022年3月26日に大阪市都島区にて撮影。

鈴蘭水仙(スノーフレーク)。2022年3月26日に大阪市都島区にて撮影。

鈴蘭水仙(スノーフレーク)。2022年3月26日に大阪市都島区にて撮影。

2022年3月26日:大阪市都島区

鈴蘭水仙(スノーフレーク)。2022年3月26日に大阪市都島区にて撮影。

浄土宗大雲寺

鈴蘭水仙(スノーフレーク)が咲いていました。浄土宗当麻山大雲寺の境内と庭園(大阪市中央区中寺1-3-6)。2022年4月10日に撮影。

スノーフレーク(鈴蘭水仙)

  • 学名:Leucojum aestivum
  • 和名:オオマツユキソウ
  • その他の名前:スズランスイセン
  • 科名:ヒガンバナ科
  • 属名:スノーフレーク属(レウコユム属)
  • 形態:多年草
  • 原産地:中央ヨーロッパおよび地中海沿岸

詳しくは「スノーフレークとは – 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸 NHK出版」をご覧ください。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました