大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

デンドロビウム

花と植物
この記事は約1分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
https://amzn.to/3Rwo2mS
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い

2023年3月14日:咲くやこの花館

ラン科の植物らしく、デンドロビウムも、噛みつくような模様の中心が、艶めかしく感じます。

「咲くやこの花館」の熱帯雨林室で撮影しました。栽培版がたくさん咲いています。

デンドロビウム。2023年3月14日、咲くやこの花館(大阪市守口市)にて撮影。

スポンサーリンク

デンドロビウム

デンドロビウムはラン科セッコク属の植物です。

とても種類が多く、形態もさまざま。

栽培品種も多く、洋ランではデンドロビウムの名で、東洋ランでは長生蘭で知られています。

学名は「Dendrobium」。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました