大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

ハナミズキ

花と植物
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
スポンサーリンク
般若心経 完全版
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い
https://amzn.to/3Rwo2mS

2023年4月14日:大阪市北区

お花が豊富な大川沿い、ナイス!

中之島バラ園でハナミズキが低位置に一本だけ咲いていました。

低位置にあったハナミズキ。2023年4月15日、中之島バラ園(大阪市北区中之島1丁目)にて撮影。

スポンサーリンク

2023年4月11日:大阪市都島区

妻とお花めぐり。

メインテーマの一つ、ハナミズキ(花水木)です。ちなみにもう一つのメインテーマはフジ

ハナミズキの木は高く、低いところに花が咲いてくれません。

アップの写真を撮るため、妻と一緒に例外探し\(^o^)/

意外に写しやすい高さのハナミズキも多いです。

また、淡い色なので写真映えしないと思いきや、くっきり写せるのがこの花の面白いところ。

白花弁・緑黄核のハナミズキ

白花弁・緑黄核のハナミズキ(花水木)。2023年4月11日、大阪市北区長柄東にて撮影。

白花弁・緑黄核のハナミズキ(花水木)。2023年4月11日、大阪市北区長柄東にて撮影。

白花弁・緑黄核のハナミズキ(花水木)。2023年4月11日、大阪市北区長柄東にて撮影。

白花弁・緑黄核のハナミズキ(花水木)。2023年4月11日、大阪市北区長柄東にて撮影。

白花弁・緑核のハナミズキ

核が緑黄のものと緑一色のものがあり、核の色比較も楽しいです。

花びらが開くと緑核が黄色づいてくるのかもしれません。

白花弁・緑核のハナミズキ(花水木)。2023年4月11日、大阪市北区長柄東にて撮影。

白桃花弁・緑黄核のハナミズキ

かなり低く咲いているハナミズキがありました。

白桃花弁・緑黄核のハナミズキ。2023年4月11日、大阪市都島区毛馬町にて撮影。

白桃花弁・緑黄核のハナミズキ。2023年4月11日、大阪市都島区毛馬町にて撮影。

白桃花弁・緑黄核のハナミズキ。2023年4月11日、大阪市都島区毛馬町にて撮影。

白桃花弁・緑黄核のハナミズキ。花脈が綺麗。2023年4月11日、大阪市都島区毛馬町にて撮影。

ピンク色か混ざるとグラデーションが綺麗で、葉脈がよく見えます。

紅白花弁・緑黄核のハナミズキ

紅白と名づけましたが、厳密には濃いピンク。

もちろん、花脈もバッチリ写せました^_^

紅白花弁・緑黄核のハナミズキ。2023年4月11日、大阪市都島区毛馬町にて撮影。

陽射しによっては少し透け感が!

紅白花弁・緑黄核のハナミズキ。2023年4月11日、大阪市都島区毛馬町にて撮影。

夕陽に照らされる紅白花弁・緑黄核のハナミズキ。2023年4月11日、大阪市都島区毛馬町にて撮影。

夕陽に照らされる紅白花弁・緑黄核のハナミズキ。2023年4月11日、大阪市都島区毛馬町にて撮影。

紅白花弁・緑黄核のハナミズキ。2023年4月11日、大阪市都島区毛馬町にて撮影。

ハナミズキ(花水木)

ハナミズキはミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。北米原産。

漢字は花水木、学名は「Cornus florida」。別名、アメリカヤマボウシ。

大阪では4月上旬から、ピンク色と白色のハナミズキがあちこちに咲きはじめます。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました