大阪メトロ谷町線でお寺めぐり
PR

大阪は水都ではなく橋都:船津橋・木津川橋

河川
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク
【広告】般若心経 完全版
https://amzn.to/3Rwo2mS
  • 山田無文老師(臨済宗・20世紀の名僧)が分かりやすく解明
  • 吹田良忠和尚(大本山妙心寺塔頭)が読経
  • 歴史上の名僧のエピソード等も興味深い

大阪は水都ではなく橋都

2022年8月12日、60キロのサイクリングで大阪河川めぐりへ。

残念なことに、川沿いを進むをと思っても、5つの川すべてが金網で境界を作られていて、水に触れられませんでした。

大阪市は水都を観光に謳っていますが、私たちが暑くても水に触れることはできません。

水の上を走ることはできても、水に触れられない…。

かつて大阪は水の都ベネチアをもじって、日本のベネチアと呼ばれたそうですが、今も水と共存しているベネチアと違って、大阪は水と共存できなくなりました。

私たちから水を排除した大阪。

川の都や橋の都と素直に捉えた方が大阪を味わえそうです。

スポンサーリンク

船津橋

船津橋南詰にて2022年8月10日に撮影。

木津川橋

この辺り、日差しがきつい割に暗いんですね…。

つい、宮本輝の「泥の河」を連想します。

木津川橋(きづがわばし)。大阪市西区にて2022年8月6日に撮影。

木津川橋に立てられた碑文。

大阪市の指定する橋梁顕彰碑の一つです。

コメント お気軽に♬

タイトルとURLをコピーしました